« 今月のボード『しっかり噛もう』 | トップページ | 今月のボード「歯科のレントゲン撮影は安心・安全です」 »

2022年2月28日 (月)

花粉症の季節になりました

こんにちは(o^-^o)

 

 

陽だまりが暖かくなりましたね。風はまだ冷たいですが、もうすぐ春ですね。神奈川県の桜の開花予想日は3月24日です。

待ち遠しいですね、今年のお花見はどうなるのでしょうか...

 

 

さて、春は花粉症の季節です。花粉症は歯周病や虫歯の進行と関係深い病気です。

このブログでも何回かご紹介してきましたが、お口の乾燥は歯周病と虫歯にとても悪影響なのです。

花粉症でお鼻が詰まると、お口で呼吸しますね。お口で呼吸するとからからに乾いてしまいます。また、花粉症のお薬の成分

に唾液分泌を少なくする副作用のあるものもあります。お口の乾燥はお口の細菌の繁殖しやすくなります。細菌の繁殖は歯周

病と虫歯の原因となるプラーク(歯垢)が歯につきやすくなってしまいます。プラークが付着したままでは、歯肉は腫れ炎症

おこし、また、歯は表面のエナメル質をとかしてします。プラークは乾燥すると固くなり、歯ブラシで落とすに時間ががかり

いつもと同じ時間では落としきれない汚れが残ってしまうことが多くなってしまいます。

ですから、お口で呼吸をしていると自覚症状のある方は、いつもより時間をかけて歯磨きすることや、こまめに砂糖の入って

いないのみものをとることや、ガム(キシリトールがおすすめです)を噛んで唾液を出すことがお口の乾燥の予防になります

 

 

 

また、上の歯がズキズキ痛い、噛むと痛い、頬のあたりが痛い、こんな症状もこの時期に増えます。

これは、歯が原因ではなく、上の歯、頬骨あたりにある副鼻腔に鼻水がたまることで炎症を起こしてしまう鼻の病気です。

レントゲンに写るので耳鼻科をご紹介することができます。自己判断しないで、来院してご相談くださいね。

 

 

 

まん延防止等重点措置等にもとづく要請の延長がきまりそうですね。

まだまだ、おうち生活や、マスク生活、人との距離を保つ生活が続きそうです。一人一人掲げられた約束事を守って、早く新

規感染者の人数を減らし、療養中の方が完治し、本当の意味の明るい春を迎えたいですね♬

皆さん、こう少しの我慢、頑張りましょう♪

 

 

 

 

 

 

~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら 大川原歯科医院へ  HPはこちらです~

« 今月のボード『しっかり噛もう』 | トップページ | 今月のボード「歯科のレントゲン撮影は安心・安全です」 »

なるほど☆お歯なし」カテゴリの記事