« 歯科のレントゲンについて | トップページ

2020年10月18日 (日)

ブラックボード『キシリトールでむし歯予防』

こんにちは(o^-^o)

10月も半ばを過ぎ、すっかり日が短くなりましたね。


Photo_20201015151101

さて今回は、前回のブラックボードでご紹介したキシリトールについて、商品の選び方や効果的な摂り方についてお話いたします。


 前回のブラックボードはこちら ↓↓↓
 『キシリトールってどんなもの?』


  

キシリトールを効果的に利用するには、まずキシリトールの配合量が多い商品を選ぶようにします。

同じキシリトール入りでも商品によってキシリトールの配合量が違います。
キシリトール100%のものが望ましいですが、スーパーやコンビニではあまり取り扱っていません。

砂糖が入っているとむし歯の原因になってしまうため、
・糖類が含まれていないもの(シュガーレス表記がある)
・キシリトールの割合が50%以上
・口の中に長くとどまるガムやタブレット
を選ぶ基準にすると良いでしょう。


キシリトールが何%位含まれているかは、商品の裏側に記載されている成分表から調べることが出来ます。

 キシリトールの量÷炭水化物の量×100

Photo_20201018083901






(写真をクリックすると拡大します)

上の写真の成分表を計算してみると、
 7.0÷16.3×100=42.9%

50%以下と分かります。
そして糖類0g(砂糖が入っていないこと)も選ぶ基準として大切です。



効果的な摂り方は、
・食後に1日3回 5分~15分位噛む。
・分量は5~10g
・3か月以上継続として摂る
ということがポイントです。

キシリトールの含有量が少ないものは1回に約3粒が目安です。

ただしあまり多く摂りすぎてしまうとお腹がゆるくなることがあるそうです。
異変を感じたらしばらく中止して、様子を見ながら量を調節してくださいね。



丁寧な歯磨きの手助けに、キシリトールを上手に使ってむし歯予防をしていきましょう✨




~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら 大川原歯科医院へ  HPはこちらです~

« 歯科のレントゲンについて | トップページ