« ブラックボード『 ひと口 30回 噛みましょう!』 | トップページ

2019年5月23日 (木)

歯の寿命は定期検診で決まる!?


こんにちは(o^-^o)


毎年6月4日から6月10日までの一週間は歯と口の健康週間です。

日本歯科医師会が提唱する2019年度のスローガンは、『 いつまでも 続くけんこう 歯の力 』 です。

会社や学校で歯科健診が行われ、お口の健康について考える良い機会になりますよね。


ある雑誌が、シニア世代(55歳~74歳男女)1000人を対象に行ったアンケートによると、健康について後悔していることの第1位が、『 歯の定期検診を受ければよかった 』  だったのです。


失ってから気付く歯の大切さ。
歯がぐらぐらして噛みにくい。入れ歯が合わない。歯ぐきが腫れる。などは、想像以上に不快で不便なのですね。


大切な歯をむし歯や歯周病から守るためには、定期的なプロケアと毎日のホームケア両方をきちんと行っていくことが大切です。



下のグラフは、日本人の年代別平均残存歯数を表したものです。
定期的にメインテナンスを受けている人は80歳の残存歯数が約16本であるのに対し、受けてなかった人は約7本。2倍以上の差が出ています。


定期検診を受けているかいないかで、歯の寿命はこんなにも変わってくるのです。


Photo_5 


歯が少なくなって十分に噛むことが出来なくなると、食生活の楽しみが減ってしまうだけでなく、噛むことによるメリットや、栄養がとりにくくなります。
 (噛むことによるメリットはこちら→ 『ひと口30回噛みましょう!』 

また、むし歯や歯周病を放置していると、お口の中の細菌が血管を通して全身に運ばれてしまうため、さまざまな病気の原因になることもあります。


つまり、お口の中が健康で清潔であることは、体全体の健康にも繋がるのですね。





大和市では、毎年対象となる年齢の方に、歯科協力医療機関で成人歯科健康診査を行っています。

〇実施期間  6月1日から11月末まで
〇対象年齢  年度内に40歳、50歳、60歳、70歳になる方。(対象年齢の方には受診券を郵送)
〇検査費用  500円

成人歯科健康診査では、現在の歯の状況、むし歯や歯周病、口腔軟組織の診査など、お口の中全体のチェックを受けることができます。


また、大和市に住民登録がある妊婦さん (おおむね妊娠12週~27週の受診を推奨) を対象に妊婦歯科健康診査も受け付けています。

〇実施期間  通年
〇検査費用  なし



大川原歯科医院 も成人歯科健康診査の指定医療機関です。


大和市歯科健康診査の受診券をお持ちでなくても、歯科検診やクリーニングはいつでもご予約を受け付けております。
ぜひこの機会に歯科検診を受けてみませんか?





  ~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら 大川原歯科医院へ  HPはこちらです~



 


« ブラックボード『 ひと口 30回 噛みましょう!』 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブラックボード『 ひと口 30回 噛みましょう!』 | トップページ