« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月30日 (火)

ブラックボード 『染め出し液で磨き残しチェック!』

こんにちは(o^-^o)


6月4日のむし歯予防デーにちなんで、毎年6月4日から6月10日までの一週間は『歯と口の健康週間』です。


平成29年度の日本歯科医師会の標語は 「おいしい」と 「元気」を支える 丈夫な歯 です。


学校や会社で歯科検診が行われる時期でもありますね  ぜひこの機会に歯の大切さについて考えてみましょう



さて、今月のブラックボードは 『 染め出し剤 』 についてのお話です。


Photo

歯の表面に付く、ヌルヌルとしたプラーク(=細菌の塊)。



このプラークにはたくさんの細菌が潜んでおり、むし歯や歯周病の最大の原因です




そのため、健康な歯や歯肉を保つためには、毎日の歯磨きでプラークをきれいに取り除くことがとても重要です。






プラークは歯の色と似ていて
見ただけではきちんと磨けているかはっきりとは分からないため、『染め出し剤』 を使ってプラークを赤く染め出すことで、磨き残しが一目で分かります



これにより、普段の歯磨きで磨き残している場所を目で確かめることができ、ブラッシング方法を改善することが出来るのです。



当院で歯磨きのお話をする際も、染め出し剤を使ってプラークを染め出し、磨き残している部分を一緒に見ていただきます。


『こんなに磨けていなかったとは...』 と、びっくりされる方も多くいらっしゃいます。



それほどプラークは、歯の色と似ていて分かりにくいのですね




『歯と歯の間に歯ブラシの毛先が届いていなかった。』 『歯ブラシはきちんと当たっているのに、磨く時間が少なくプラークを落としきれていなかった。』 など、め出すことで磨き癖が分かり、患者さん一人ひとりに合ったブラッシング方法をアドバイスする事が出来ます。



染め出し剤は、液体やジェル、噛み砕いて染め出す錠剤タイプのものなどがあり、ドラッグストアや通販サイトで取り扱われています。




染め出された部分を意識的に磨くことで、自然と細やかでていねいなブラッシングが出来ますので、ぜひご自宅でも試してみてくださいね

              




             ~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら
大川原歯科医院へ  HPはこちらです~

2017年5月 8日 (月)

歯ブラシ、プラスワン! ~歯間ブラシ編~

こんにちは(o^-^o)


今年のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
お出かけするにもゆっくりするにも気持ちの良いお天気でしたね


さて、近ごろは歯周病が全身の病気にも深い関わりがあることが分かり、歯科だけではなくさまざまな分野からも歯磨きの大切さが伝えられています。


みなさんが普段されている歯磨きは、お口とからだの健康を保つために、とても重要な役割を担っているのです



しかし、実際歯磨きだけではお口の中の細菌の塊(=プラーク)を取り除くことが難しく、下のグラフからも分るように、約60%程しか磨けていません

Photo


特に歯と歯の間は汚れが溜まりやすい場所でありながら歯ブラシが届きにくいので、むし歯や歯周病にかかりやすいのです。


そこで、ブラッシングを行っていただいたあとに補助的清掃用具を使っていただくことをお勧めします!




補助的清掃用具の代表的なものとして、歯間ブラシデンタルフロス(糸ようじ)がありますが、使ってみたことはありますか?




そこでまず今回は、歯間ブラシの使い方のポイントをお話しいたします。




歯間ブラシは歯と歯の間の隙間の部分(歯間部)に通して、プラークを除去する道具で、歯間部の大きさに合わせて使用できるよう、細いものから太いものまでいくつかサイズがあります。


Photo_2

歯間が大きい所に細いものを通しても、ブラシが歯の面に当たりにくい為、磨き残しが出来てしまいます。


反対に、隙間の小さいところに無理に太いサイズのものを入れてしまうと、歯肉を傷つけたり、必要以上に歯ぐきの隙間が広がってしまうことがありますので気をつけて使ってくださいね。






使う場所に合ったサイズを選ぶようにしますが、初めて使う方は細めのものから試してみると良いでしょう。
一番細いものでも、入らないような場合は無理に入れる必要はありません。





 歯間ブラシの使い方のポイント

Photo_3                                   (はじめよう!やってみよう!口腔ケア より引用)




歯間ブラシを使った後は、歯ブラシと同じ様に流水下で洗い汚れを落とします。


しばらく使うと、植毛部分が曲がったり、毛が乱れてきます。それが交換時期のサインです。
ワイヤータイプのものは古くなると折れてしまうこともあるので、長くても1ヶ月ごとの交換をおすすめいたします。




いかがでしたか?
その他の補助的清掃用具につきましては、またの機会にお話しさせていただきます


初めて使う方は、歯間ブラシのサイズ選びや使い方などを説明しますので、当院スタッフまでお気軽にご質問くださいね

歯ブラシ+補助的清掃用具を使って、お口の中を清潔に保っていきましょう








            ~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら
大川原歯科医院へ  HPはこちらです~

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »