« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月 6日 (水)

ブラックボード『唾液について』

こんにちは(o^-^o)


7月に入り、蒸し暑い日が続いていますね。
湿度が高いこの時期は、とくに熱中症にかかりやすくなってしまいます。屋内で発症する方も多いそうですので、
とくに高齢者と小さなお子さまがいるご家庭では、十分注意をしながらお過ごしくださいね



さて、今回のブラックボードは『唾液について』のお話しです。Photo_3



唾液は、お口の中ににある唾液腺から
一日に約1~1.5ℓもの量が分泌されます。


90%以上が水分で出来ていますが、残りの成分には
タンパク質やカルシウム、リンなどが含まれています。



唾液の役割の代表的なものとして

 ・酸で溶けた歯を修復する(再石灰化)

 ・細菌の繁殖を抑える(自浄作用)

 ・食べ物の消化を助ける(消化作用)






などがありますが、他にも舌やお口の中の粘膜を潤し乾燥から保護する作用や、唾液に含まれる抗菌物質による抗菌作用。
食べ物の味覚物質を溶かし味を感じやすくしたり、お口の中を中性に保つ働きをしたりと、唾液はお口の中にさまざまな
良い効果をもたらしてくれます。


しかし、唾液は加齢とともに減少し、唾液が少なくなるとむし歯や歯周病にかかりやすく口臭の原因にもなります。


こまめにお水を飲んだり(お茶などではなくお水がいいそうです。)お食事の時にはゆっくりとよく噛んで食べる。
また、唇や舌の運動や唾液腺をマッサージすることで、唾液の分泌を促すことができますので、日々の生活の中で
意識してみると良いかもしれませんね




  唾液腺のマッサージ方法

Photo_2                                                                 <はじめよう!やってみよう!口腔ケアより引用>


唾液はリラックスした状態の方が多く分泌されますので、あまり心配なさらずに...梅干やレモンを想像してみて下さい


そして何か気になることや分からないことがございましたら、お気軽に当院スタッフにご相談くださいね





         ~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら 大川原歯科医院へ  HPはこちらです~



« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »