« 二次う蝕 | トップページ | 口腔外科 »

2015年9月27日 (日)

ブラックボード 『キシリトールの選び方』

 こんにちは(o^-^o)

 シルバーウィークはさわやかな秋晴れが続いて絶好のお出かけ日和でしたねshine

 朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりましたので、
 風邪など引かれませんようみなさんお気を付けくださいね。


 さて、『キシリトール』という言葉をご存知の方は多くいらっしゃると思います。
 コマーシャルなどでもよく耳にしますよね。

 
  『キシリトール=むし歯の予防に効果的な甘味料』


 
というのが定着し、今ではキシリトールが配合された製品は数多く存在します。

 そこで今回はそんな数多く存在するキシリトール製品のなかから、
 実際どのようなものがむし歯予防に効果的なのか、選び方のポイントをご紹介いたします。

 キシリトールが配合されていれば、どんな製品でもむし歯に効果があるわけではありません。

 製品に使用されている甘味料の50%以上がキシリトールであり、
 さらに製品の総重量のほとんどがキシリトールで占められている事が大切です。

Img_4545

 選ぶ際のポイント
  ①歯科専用かどうか?
    歯科専用の製品は甘味料にキシリトール100%を使用していますので
    効果が十分に期待できます。

    また、歯科専用のガムは市販のものよりも少し硬いので、
    噛む力を鍛えたり、唾液の分泌を促したり、
    矯正装置にくっつきにくい。
    というメリットもあります。

   最近は一般の方でもインターネットから購入出来るようになっていますね。


  ②含有量が書いてあるか探す。
    市販されているもので、含有量が書かれていない場合は、
    『糖類0%』または『シュガーレス』であること、
    炭水化物(糖質)とキシリトールの分量が限りなく近いもの
    
を選ぶようにしましょう。


   おなじメーカーの製品でも、キシリトールの含有量はさまざまです。
   購入する前にパッケージの成分表示の項目を確認してみると良いですね。

   
 キシリトールを上手に活用して、むし歯予防に役立てるためにも、ぜひ参考にしてみて下さいnote




    ~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら 大川原歯科医へ  HPはこちらです~
  




 

« 二次う蝕 | トップページ | 口腔外科 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548937/62300483

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックボード 『キシリトールの選び方』:

« 二次う蝕 | トップページ | 口腔外科 »