« ブラックボード 『卑弥呼の歯がいーぜ!』 | トップページ | ブラックボード『自分のお口の中の状態 知っていますか?』 »

2015年5月13日 (水)

メインテナンス(検診)の重要性について

こんにちは(o^-^o)


新年度が始まり1ヶ月半、そろそろ新しい生活リズムに慣れた頃でしょうか?

環境や気候の変化で体調を崩したりしていませんか?

疲れたなと思ったらゆっくり休むようにしてくださいねconfident




さて、今回のブログは 大和市 桜ヶ丘駅前 大川原歯科医院 歯科医師 秋元からのお話です。



皆様は歯医者さんにかかるとき、どんな理由があるでしょうか?


一般的な歯医者さんの治療としては、
むし歯を削る歯を抜くクリーニングをする等々があると思います。
その必要がある時に来院されるって事も多いと思われます。

ですが、来院される時の理由で圧倒的に多いのが、「痛い時」 なんです。

  「痛い」 と体からサインが出る際に、ほぼ間違いないのが
  「痛い」 と症状が出る前に、違和感が出ております。

医療をする側としては、違和感を感じ始めた時点で 来院して頂きたいのが本音です。

理由と致しましては、痛くなってからですと、痛くなった原因の歯を
救うのが難しくなっている事があるからです。

大事な歯ですから、我々も手を尽くしてなんとかしようとはしますが、
正直 どうにもならないこともあります。

どうにもならない場合は、大事な歯を抜かざるを得ません。


人間の歯は一般的には大人ですと 28本
親知らずが全て生え揃ってる場合は 32本です。

まず28本の場合で説明致しますと、どれも大事な歯ではあるのですが
歯のかみ合わせでとても重要なのが一番奥の歯と、奥から2番目の歯です。


この2本が 何かしらが原因で抜かざるを得ない状況に差し掛かると
お口の中のかみ合わせの崩壊が加速していきます。

想像して頂きたいのが、奥歯というのは前歯に比べて歯が大きいですよね。
つまり大きな力が加わった時に受け止められる力が
前歯に比べて大きいのです。


この大きな力を受け止められる歯が失われると、本来はそれよりも小さな力しか
受け止められない歯に大きな力が加わることになります。

この状況にきてしまうと入れ歯、もしくはインプラントでカバーをしなければ
さらに歯が失われてしまい、あっという間に総入れ歯への道をたどることになります。


そういう道を避けるためにも、
定期的なメインテナンスを欠かさずにいらして頂ければ
我々もチェックすることができます。


また大川原歯科医院の特徴として、
まず大川原院長の豊富な経験に裏打ちされた治療レベルの高さが挙げられます。

わたくし秋元は学会の咬み合わせの認定医を取得しております。
その他にも口腔外科学会所属の歯科医師も在籍しております。
歯周病のスペシャリストも在籍しています。


色々な観点から専門的なアドバイスを提供することもできますから
ご遠慮なく質問して頂けたら幸いです。


お口の健康を保つことは、体全体の健康を保つ入口でもあります。
日々のお食事を苦痛に過ごすより、楽しく過ごす方が当然いいですよね。

実際に長生きする人は、お口の中の健康状態も高い傾向があります。

皆様の日常生活の一端に我々が少しでも力添え出来れば幸いであります。




いかがでしたか?
違和感、感じてる方いらっしゃいませんか?
大和市 桜ヶ丘駅前 大川原歯科医院 までお気軽にご相談ください。



           ~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら 大川原歯科医へ  HPはこちらです~

« ブラックボード 『卑弥呼の歯がいーぜ!』 | トップページ | ブラックボード『自分のお口の中の状態 知っていますか?』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548937/61506322

この記事へのトラックバック一覧です: メインテナンス(検診)の重要性について:

« ブラックボード 『卑弥呼の歯がいーぜ!』 | トップページ | ブラックボード『自分のお口の中の状態 知っていますか?』 »