« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月26日 (火)

口腔乾燥

こんにちは(o^-^o)


寒い日が続いています。空気も冷たくて、乾燥していますね。
手もカサカサ・・ 唇もカサカサ・・ 髪の毛もパサパサ・・
ハンドクリームやリップクリームを塗って、髪にはトリートメントをして頑張ってケアしています

患者様も、唇や口角が切れて、お口を開けることが辛そうな方がいらっしゃいます・・・


 ・唇がカサカサで渇いている

 ・口角が切れやすい

 ・舌や口腔内の粘膜に潤いが無く、痛みがある

 ・唾液が粘ついている

 ・唾液が泡立っている

 ・口臭が強い

 ・虫歯や歯周病の進行


   ↑以上のような状態がみられる場合は、口腔内が乾燥しています。


人間の体は、ほとんどが水で出来ていると言われています。
子供は約70%、成人は約60~65%、高齢者は約50~55%を水分で占めています。


口腔乾燥の原因

 ・加齢

 ・ストレス

 ・喫煙

 ・全身疾患

 ・薬の副作用

などがあります。


体内の水分量が少なくなると、必然的に口腔内も乾燥します。重症の場合は、適切な治療が必要になりますが、ご自分で出来る予防として、『水を飲むこと!』をお勧めします!

「水分は摂っています」 とおっしゃる方も、よくお話を伺うと、温かいお茶やコーヒーを飲まれています。お茶やコーヒーは とても美味しいのですが、利尿作用もあり 体内から出やすくなっています。

また高齢者の方は、トイレが近くなるからと あまり飲み物は口にされないようです。

寒い時期で 汗もかかないので、余計にお水を飲む機会が少なくなっていると思われます。

意識して お水をこまめに飲むことをお勧めします。
今の時期は常温でもいいですね。


また 口腔乾燥が進むと不快なうえに、入れ歯を使用されている方は 傷がつきやすくなり、傷みが出る場合があります。

口腔内に直接塗布する スプレータイプやジェルタイプの保湿剤もあります。
お困りの方は 大和市 桜ヶ丘駅前 大川原歯科医院 までご相談下さい。


寒い時期もあと少し。しっかり乾燥対策をして快適に過ごしましょう




今回のブログの内容は 当院 歯科衛生士 西田からでした。




                   ~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら 大川原歯科医へ  HPはこちらです~






 

2013年2月 9日 (土)

こどもスタンプ会員募集!

こんにちは(o^-^o)


今年の冬は雪の当たり年ですね
先月の積もった雪に大喜びの子供たちもいましたね


さて、大和市 桜ヶ丘駅前 大川原歯科医院 では、お母様とご一緒にお子様のお口の健康を守り、健やかな成長のお手伝いになればと、特典いっぱいの『こどもスタンプカード』会員を募集します!

              A4_2


特典などの詳細は追ってご紹介致します






                ~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら 大川原歯科医へ  HPはこちらです~

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »