« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

電動歯ブラシっていいの?

こんにちは(o^-^o)


朝晩の気温低下ですこしずつ紅葉が進んでるようですね
紅葉狩りに行くときは暖かくして風邪をひかないようにしてくださいね



前回、歯周病予防についてお話ししました。
歯周病を予防する為に一番大切なことは・・・歯磨きですよね。
みなさんは普段どんな歯ブラシを使っていますか?

普通の歯ブラシという方が多数だと思います。
電動歯ブラシという方もいるでしょう。
以前と比べ電動歯ブラシの種類も増え、CMで見たり 店頭にはいろんなものが置かれています。正直 何が違うのかわからないくらい・・・


電動歯ブラシと一言でいっても・・・

   ・電動歯ブラシ・・・1分間に5000回くらい振動する。ヘッド部分が前後に動くもの、回転するものがある。

   ・音波ブラシ・・・1分間に30000~40000回(200~300ヘルツ)くらい振動する。この高速振動による音波で汚れを落とす。

   ・超音波ブラシ・・・音波ブラシに比べケタ違いの160~200万ヘルツ プラークの細菌までも破壊できると言われている。

と3種類に分類されます。

こう見ると音波タイプのもの よくみえませんか?   1667094501



でもそれぞれメリット・デメリットがあって・・・
強く当てすぎたり、長く当ててると歯肉や粘膜を傷つけてしまう。
ブラシの位置づけ(歯と歯の間や 歯と歯肉の境目など)をきちんとしないと清掃効果に期待は持てません。
ブラシを動かさず当てることでプラークを落としてくれる音波も ゴシゴシと動かしてしまうとそのパワーは発揮されません。
普通の歯ブラシに比べるとコストもかかります。

ただ上手く使えば清掃効果も期待できますし、時間短縮にもなります。
短縮できた分 歯間ブラシやデンタルフロスを使うとか・・
忙しい朝やお昼は電動、夜は普通ので時間をかけて丁寧にとか・・

また、音波ブラシの振動は血のめぐりをよくするので、歯肉のマッサージを目的とした使い方もオススメしています。


電動歯ブラシだから大丈夫!なのではなく、まず基本的な磨き方やプラークがたまりやすい場所などを理解したうえで 使ってみるのがいいと思います。


まずはブラッシング指導から受けてみませんか?
指導後に 「初めて教わった」「今までこんな風に磨いてなかった」なんて言われる方もいます。大和市桜ヶ丘駅前 大川原歯科医院 でもその方にあったブラッシング指導を行っていますので ぜひいらしてください


今回のブログの内容は 当院 歯科衛生士 井上からでした。




                 ~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら 大川原歯科医へ  HPはこちらです~
  

              

                

2012年10月18日 (木)

ブラックボード『歯周病予防のポイント』

こんにちは(o^-^o)


一日の中で気温差が激しいですが風邪などひいてませんか?
手洗いうがいを忘れず・・・風邪を予防しましょう


今回のブラックボードは『歯周病予防のポイント』についてです。

患者さまから「歯周病になってますか?」と聞かれることがありますが・・・実は日本人の80%が歯周病にかかっていると言われています    Cimg0231_5




歯周病と言っても 歯肉が少し腫れる程度の軽度のもの(歯肉炎)から 歯がグラグラして抜けてしまう重度のものまで症状は様々です。
軽度のうちはあまり自覚がないのですが、進行してくにつれ 歯ぐきが腫れる・歯ぐきから血や膿が出る・歯がグラグラする・口臭などの症状が出てきます。

みなさんは心当たりありませんか?


これらの症状を引き起こす歯周病の原因の大半はプラーク(歯垢)です。
このプラークとは 虫歯菌や歯周病菌をはじめとする微生物のかたまりなのです
なのでプラークをしっかり取り除くことが 歯周病の予防・改善につながるのです

また歯周病は生活習慣にも左右されます。
喫煙・糖尿病・ストレス・不摂生な生活は歯周病になりやすくしたり 悪化させたりします。

規則正しい生活を心掛けなければ・・・





歯周病は早期発見・早期治療でよくなります。         Cimg0232



進行してしまっても根気よく治療すれば改善します。



大和市桜ヶ丘駅前 大川原歯科医院 では、歯石除去やブラッシング指導、歯周病治療を行っていますので お気軽にお問合せください。






        

          ~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら 大川原歯科医へ  HPはこちらです~






        

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »