« 唾液のチカラ | トップページ | ブラックボード『スポーツドリンクにご用心!』 »

2012年8月 4日 (土)

口腔ケア

こんにちは(o^-^o)


毎日暑い日が続きますね
朝から夕方まで強い日差し・・・
帽子をかぶったり、日傘を差したり、アームカバーもよくみかけますね。
日焼け止めを塗って紫外線対策バッチリ!と思っても・・・けっこう焼けてしまうんですよね。。
日焼けしてしまったら しっかりお肌のケアをしてあげないと後で後悔することになります。


今回はお口のケアについてのお話です。

みなさんは『口腔ケア』という言葉から何を連想させますか?
「歯みがき!」と答える方が多いでしょう。
虫歯や歯周病から歯を守る為には 食後の歯みがきが欠かせないのは言うまでもありません。

では、歯みがきだけしていれば良いのでしょうか?

口腔には私たちが普段気づかない重要な役割が沢山あります。
咀嚼(そしゃく:咬む)、嚥下(えんげ:飲み込む)、会話、審美(顔貌の形成、感情表現)など・・

これらの機能のうち ひとつでも欠けるとたとえ全ての歯が揃っていても、食べる・話す・表情を豊かにするといった“元気で楽しい生活”を送ることができません。

普段の生活で健康の素晴らしさを実感することはあまりないと思います。健康であればある程 ありがたさを忘れてしまうものです。


食べ物を口に入れると口の中では・・・
前歯(口唇)で食べ物を取り込み 小さくちぎります。そして舌によって運ばれ 左右どちらかの奥歯で上下に顎を動かし咬みつぶします。
食べ物を飲み込むまでに 顎や舌・頬粘膜で側方に流れた食べ物を唾液とうまくからめます。飲み込めるようになるまで食塊を形成し 舌の随意運動で食塊を咽頭に送り 嚥下反射で食道に送ります。

このように食事をするだけでも口のまわりの筋肉(口輪筋)や舌の挙上運動が大切なことがわかると思います。


「固い物が食べにくくなった」「むせやすくなった」「口が渇く」など・・・
思い当たる人いませんか?

そんな人は要注意です。これらは口腔機能の低下の危険信号です!!


口腔機能を向上させるには・・・・・

唇・頬・舌などの筋肉・口輪筋を鍛えて、咀嚼(咬む)機能や嚥下(飲み込む)機能を向上し、唾液を出しやすくし口の渇きを改善するといった事が効果的です。

そのための口の運動(唇・舌・頬・発声練習)、喉の運動(ブクブクうがい、ガラガラうがい)、唾液腺のマッサージなどは快適な食生活を送るだけでなく アンチエイジング(ほうれい線線の予防、二重あごの予防)にもつながりますので ぜひ毎日の口腔ケアに取り入れてみてはいかがですか?


元気で楽しい生活を送る為にも 口腔ケアをしっかり行い 口腔機能を向上させましょう


今回のブログの内容は当院 歯科衛生士 伊東からでした。



        ~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら 大川原歯科医へ  HPはこちらです~

« 唾液のチカラ | トップページ | ブラックボード『スポーツドリンクにご用心!』 »

なるほど☆お歯なし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口腔ケア:

« 唾液のチカラ | トップページ | ブラックボード『スポーツドリンクにご用心!』 »