« デジタルレントゲン装置 | トップページ | 14周年記念☆お楽しみ企画のお知らせ »

2011年11月 8日 (火)

11月8日は 『いい歯の日』

こんにちは☆

 

今日11月8日は 『いい歯の日』 です。

80歳まで、20本以上の歯を保つ事を目標とする、『8020運動』 の一環として、たくさんの方が 長くお口の中を健康に保っていただけるようにという願いがこめられた記念日です (゚▽゚*)

 

『いい歯』 だと、よく噛めると言いますが、よく噛めるとどんな良いことがあるか、覚えやすい標語がありますので、ご紹介します。

 

噛む効用 『ひみこの歯がいーぜ』

『ひ』 肥満を防ぐ

よく噛むことで満腹中枢が刺激され、満腹感を感じます。早食いは、満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまうため、太りやすくなってしまいます。

 

『み』 味覚の発達

よく噛むと、食べもの本来の味がわかります。ご飯をよく噛むと甘みが出るように、よく噛むこととで、食材の味を味わえるようになります。

 

『こ』 言葉の発音

よく噛むと、あごや口のまわりの筋肉も使いますから、あごの動きがよくなり、発音もよくなります。

 

『の』 脳の発達

かむことで脳に血液や栄養がたくさん送られ、脳の働きをよくしてくれます。お子さんでは知育を助ける効果、 高齢者では認知症の予防効果があります。

 

『は』 歯の病気を防ぐ

よく噛むと唾液がたくさん出て、口の中をきれいにしてくれます。この唾液の働きには、虫歯や歯周病を防ぐのです。

 

『が』 がんを防ぐ

唾液に含まれる酵素には、発がん物質の作用を消す働きがあるといわれ、 それには食物を30秒以上唾液に浸すのが効果的なのだそうです。よく噛むことで、がんも防げるのです。

 

『い』 胃腸の働きを促進する

よく噛んで、食べ物を噛み砕き、唾液もたくさん分泌されますので、胃や腸は消化をスムーズに行うことができます。

 

『ぜ』 全身の体力向上と全力投球

全身に力を入れるとき、歯を食いしばり、力強く 噛みしめます。よく噛むことは、体力や運動能力の向上を促進します。

 

こんな風に、よく噛めることは、全身にも関わってくるのです。

『いい歯』 で、健康を保ってくださいね (*^-^*)

 

                 ~大和市 桜ヶ丘駅 の歯科医院なら 大川原歯科医へ  HPはこちらです~

« デジタルレントゲン装置 | トップページ | 14周年記念☆お楽しみ企画のお知らせ »

今日は何の日?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月8日は 『いい歯の日』:

« デジタルレントゲン装置 | トップページ | 14周年記念☆お楽しみ企画のお知らせ »