« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

5月のこにしボード 『新生活は白い歯で!』

こんにちは (*゚▽゚)ノ

      

さて、大和市桜ヶ丘駅前大川原歯科医院では、患者様に より歯やお口の中の健康に興味を持っていただけるよう、医院の前に『歯のお話 ブラックボード』を設置しています。

  

Cimg0343_3

5月は 『新生活は白い歯で!』 をテーマに、ご紹介いたしました。

  

白くて美しい歯には、憧れますよね (*^-^*)

人によって、歯の色は微妙に異なりますが、歯の色を気にしている方は、実はとても多いんです。

老若男女問わず、多くの患者様からご質問をいただきます。

  

どうやったら、白く・美しい歯を手に入れることができるか、簡単にご紹介いたします (o^-^o)

  

~ その1~ 歯の汚れが原因の場合

プラーク(歯垢) ・ 歯石 ・ ステイン(色素沈着)などの、『歯の表面についた汚れ』 が原因の場合は、歯のクリーニングを行うことで、きれいにすることができます。

汚れを落とすことで、見た目の美しさも もちろんですが、気になる口臭も防ぐことができ、一石二鳥なんですよ (゚▽゚*)

多くの方は、クリーニングで改善が見られます。

気になっている方は、ぜひお試しくださいね。

  

  

Cimg0345~その2~ 歯の神経が死んでしまった場合

歯の治療で 神経を取った歯や、ぶつけたりして 歯を損傷した場合など、何らかの原因で 歯の神経が死んでしまった場合、徐々に歯の色が変わってしまいます。

これは、歯に栄養が行き渡らなくなることが原因です。

この場合は、神経の治療をして、新たに被せ物をするのが一般的です。

  

  

~その3~ 生まれ持った歯の性質によるもの

母親が妊娠中に服用した薬剤や、乳幼児期に服用した薬剤が原因で、縞模様や 斑点状の変色が起こる場合があります。

また、加齢と共に 黄色く変色していきます。

このように、歯そのものの 色が変わってしまった場合は、専用の薬剤により ホワイトニング(歯の漂白)を行い、歯を白くします。

 

春は、出会いが多い季節です (´▽`)

歯が汚れていたり ・ 黄ばんでいたりすると、知らず知らすのうちに 悪い印象を与えてしまいがち。

気になる方は、一度ご相談いただくことをお勧めします☆

  

今月のブラックボードも、当院 歯科衛生士 小西 が担当しました (*^-^*)

写真では分かりづらいですが、ラインに小さな桜が描かれていたり、なかなか芸が細かいんですよ☆

お近くの方はぜひご覧くださいね~♪

2011年5月25日 (水)

歯茎の日

こんにちは

   

毎月25日といえば、お給料日♪

・・・ではなくて、ゾウのサトちゃんでおなじみの、佐藤製薬 が制定した 『歯茎の日』 なのです。20年以上も前に制定されたものだそうです。

・・・ぜんぜん浸透していないじゃないか、佐藤製薬~ (○`ε´○) ・・・というわけで、

代わりにご紹介しようと思います。

  

身体だけじゃなく、毎日頑張っている歯にも栄養を与えて お手入れしましょう という趣旨で、

一般的なお給料日である 毎月25日 が 『歯茎の日』 になったそうです。

  

歯茎は、歯の土台となる部分で、とても大切な役割を果たしています。

歯茎の病気の中で一番多いものは、歯周炎(以前は歯槽膿漏と呼ばれていました)です。

歯周病が原因で、歯が抜けることだってあります。

  

歯周病の予防には、歯磨きが一番ですが、せっかく歯茎の日なので、

簡単にできる歯肉マッサージをご紹介したいと思います。

  

 * * * 簡単 ☆ 歯肉マッサージ * * *

人指し指の腹を使って、奥歯から前歯に向かって、歯茎を撫でるようにマッサージします。

Cimg0326_2 表側が終わったら、同じ要領で裏側も行います。

基本的には、歯と歯肉の境目を中心に、くる・くると、円を描くように なぞっていきます。(右図)

コツは、力を入れすぎないこと・指を小刻みに動かすことです。

時間にして、1~2分もあれば十分です。

  

歯周病の方にはもちろん、そうでない方にも簡単で効果的です。

ぜひ試してみてくださいね。

  

もちろん大川原歯科医院でも、専門のスタッフ(歯科衛生士)によるケアと患者様の状態に合わせたお手入れ方法を直接指導しています。

特に、当院チーフ歯科衛生士 佐々木のゴットハンド(!?)による歯茎マッサージは、患者様だけでなく、スタッフにも好評なので、おすすめです。

  

白い歯とピンクの歯茎で、魅力的な笑顔を手に入れてくださいね!

2011年5月19日 (木)

チョコで虫歯予防!?

こんにちは

  

チョコレートといえば、甘くておいしいおやつの定番ですよね。

大和市桜ヶ丘駅前 大川原歯科医院 のスタッフにも、チョコ好きさんが多いです(○゚ε゚○)

  

チョコレートに含まれるカカオには、抗酸化作用、 集中力や記憶力を高めたり、気持ちを穏やかにさせる効果、ダイエット効果など、多くの健康効果があることは、ご存知の方も多いと思います。

  

チョコで虫歯予防ができるなら、毎日でも食べちゃいますが本当でしょうか~(゚0゚)!!!

  

最近の研究で、虫歯の原因菌は「ミュータレンサ菌」ではなく「ソプリナス菌」であることが判明しました。

チョコレートのカカオ成分には、虫歯の原因菌 『ソプリナス菌』 の活動を抑える働きがあることが、いろいろな実験からわかってきています。

それだけでなく、虫歯の原因菌のグルコシルトランスフェラーゼという酵素の働きを阻害するため、歯垢(歯の汚れ)をできにくくする働きもあるそうです。

  

・・・何だか、難しくなってしまいましたが、

チョコレートが、虫歯を予防する・・・のではなく、

チョコレートに含まれる『カカオ』が虫歯を予防してくれる ということのようです。

  

甘くておいしい、一般的なチョコレートには、お砂糖もたくさん含まれていますので、虫歯予防効果を生かすのは、残念ながら 難しいように思います。

ですが、お砂糖が控えめのチョコや、キシリトールを使ったチョコ、ブラックココアなどであれば、これまでほど 虫歯を気にしなくてもよさそうです。

上手におやつを選んで、せっかくのカカオの健康パワーを有効に使いたいものですね☆

  

※ カカオ100%でも、歯磨きが必要ないわけではありません。

虫歯予防の基本はもちろん 『歯磨き』 です!! くれぐれもお間違いのないよう、お願いいたします(^ω^ )

  

2011年5月12日 (木)

インプラントとは?

こんにちは ヽ(´▽`)/

  

話題の 『インプラント』 ですが、聞いた事はあるけど、細かいことは良く分からない方も 中にはいらっしゃるのではないでしょうか? 

今回は、インプラントの構造についてと、歯を失った場合の治療法について、解説いたします。

    

  

* 歯科インプラント(Implant)とは?

Imp01_2歯科インプラントとは、『人工歯根』の事を指します。

  

歯を失った部分の顎の骨に、人工の歯(人工歯根)を埋め込み、それを土台にして 人工の歯を取り付けます。

左の図のような構造のものが代表的です。

  

長年の研究の結果、インプラントに用いる金属は、チタンが最も安全であることが確認されています。

生体との親和性が高く、顎の骨としっかり結合するため、天然の歯に近い機能(しっかり噛める)を果たせるようになりました。

  

  

* 歯を失った場合の治療法には、どんなものがあるの?    

01ipponsousitsushitabaainochiryoインプラントによる修復

歯を失った部分のみに治療を施しますので、周りの歯に負担をかける事がありません。  また、顎の骨に固定されるため ガタつくこともなく、自分の歯のように噛めるようになります。

手術が必要ですので、治療期間が比較的長めです。また、保険の適応が認められておらず、比較的費用がかかります。

  

  

00602_01bridgechiryoimageブリッジによる修復

前後の歯を削り、橋(ブリッジ)を架けるようにして 失った部分を補います。

固定式のため、違和感が少ない治療法ではありますが、ブリッジを支える歯を削らなければなりません。また、失った部分にかかる力も負担することになるため、結果として歯の寿命を縮めることにもなりかねません。

失った歯が多い場合は、ブリッジの適応外となることもあります。

  

  

Bubunireba_02義歯による修復

一般的には 『入れ歯』 と呼ばれる、取りはずし式の人工の歯のことです。

保険適応であれば、比較的治療費が少なく、ブリッジと違って 歯を削ることはほとんどありません。失った歯の本数や場所に関わらず 作ることができます。また、見た目や装着感などを改善した 新しい入れ歯も開発されています(詳しくはこちらをご覧ください)

固定式ではないため、違和感・異物感があり、入れ歯を支える歯や歯肉に負担がかかります。また、こまめなお手入れが必要になり、食事や、発音にも少なからず影響があります。

  

このように、歯を失った場合の治療にはいくつかの選択肢があります。

大和市桜ヶ丘駅前 大川原歯科医院 では、お口の中の状態と、患者様のご希望をふまえて、いくつか提案させていただき、ご納得いただける治療をご提供いたします。

  

お気軽にご相談くださいね (*^-^*)

                                                         (画像提供 * インプラントネット http://www.implant.ac/

2011年5月 3日 (火)

ジェルネイルと虫歯治療

こんにちは (*゚▽゚)ノ

 

指先のおしゃれとして流行の 『ジェルネイル』 いろんなデザインがあって、とてもステキですよね~♪

Img_9360虫歯を削った後に、白い樹脂を詰める治療を、おしゃれ用にアレンジしたものが、『ジェルネイル』 なのです。

虫歯の治療の場合は、虫歯を削った穴の中に、ペースト状の材料を詰めて、専用の器械で光を照射して、硬化させます。

ジェルネイルも、光を当てて固めますよね (*^-^*)

   

ちなみに、以前流行していた 『スカルプチャーネイル』も、歯科で使われていた材料をアレンジしたものなんですよ。

 

元になった材料は、入れ歯や仮歯などを作るための材料です。

液体と粉末を混ぜて、数分で固まります。

セメダインのようなにおいがある材料で、固まるまでのタイムリミットがあるので、より技術を要します。

 

歯科も、ネイルも細かい作業なので、通じるところがありますね。

 

最近は春めいたモチーフや色使いのネイルも多く見かけるようになりました♪

職業上、ネイルはタブーなので、ほんとにうらやましく思います。

 

夏が近づいたら、足だけでもかわいくしたいものです ( ´艸`)

 

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »