トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

医院長紹介

こんにちは

  

大和市桜ヶ丘駅前大川原歯科医院は、開業当初から、10年以上勤務している スーパースタッフから、仲間入りして間もない新人さんまで スタッフ約30名の大所帯なのです。

①歯科医師 ②歯科衛生士 ③歯科技工士 ④歯科アシスタント ⑤歯科助手 の5つに役割分担しています。

  

たくさんスタッフがいるからこそ、いろんな意見やアイデアがたくさん生まれ、とても活気があります。お仕事中は、みんな まじめで一生懸命ですが、休み時間ともなると、別人のようにふざけていたりします(○゚ε゚○)

  

そんなスタッフたちを取りまとめる、われらが医院長 大川原先生をご紹介しま~す!

  

大川原医院長は、物腰が柔らかく、穏やかな雰囲気で、スタッフからの信頼もとても厚いんですよ~☆

Dr_2 患者様からの支持も多く、『医院長先生に見てもらいたい』という方も多いので、いつもおおいそがし・・・。毎日 何十人もの治療をしていますが、一人ひとりの患者様の症状や処置を覚えているだけでなく、勤務医や歯科衛生士の処置まで把握しています。

仕事中は、聖徳太子みたいです(笑)

  

勉強熱心で、誰よりも患者様のことを考えているのはもちろん、とてもスタッフ思いで、がんばりを評価したり、自主性を尊重してくれるので、みんな自然にやる気が出てきます。スタッフからの信頼が厚く、長く勤めることができるのは、大川原先生の人柄だと思います。    

実は甘いもの好きだったり、ときどき面白いことをいってみたり、おちゃめな一面もまたステキ(!?)なんですよ~ヽ(´▽`)/

   

少し、大川原歯科医院の雰囲気が伝わったでしょうか?

こんな医院長を筆頭に、がんばっているスタッフたちも、続々紹介しますので、お楽しみに~♪

  

2011年3月24日 (木)

歯科のレントゲン

こんにちは

  

桜ヶ丘駅前 大川原歯科医院では、節電のため、一部照明や、エアコンなどの電源を切らせていただいております。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力いただき感謝しております。

不都合などありましたら、受付スタッフに声をおかけください。

今後ともご協力の程よろしくお願いいたします。

    . 。 . : *  * : . 。 .  . 。 . : *  * : . 。 .  . 。 . : *  * : .。 .  . 。 . : *  * : . 。 .

 

震災の影響で、放射線への関心がとても高まっていますね。  

ニュースでも、日常的に受ける放射線や、胃や胸部のレントゲンでの被曝量などを例に挙げたお話は耳にしますが、『歯科におけるレントゲンの被曝量は?』と、不安を抱えている方も多いのではと思います。

Logo094今回は、歯科のレントゲンについて 簡単にご紹介いたします。

  

☆ 被曝量について

日常的に浴びる放射線量(1年間)      約2.4ミリシーベルト

顎全体が写る大きなレントゲン        約0.04ミリシーベルト

歯の周辺を詳細に写す小さなレントゲン   約0.02~0.04ミリシーベルト

白血病やがん等、人体に影響がある量は  1000ミリ シーベルト以上 とされています。

   

単純に計算すると、2万5千枚撮影したら、影響が出ることになります。

極端な例えではありますが、歯科のレントゲンに関して、人体に影響のない ごくごく微量の放射線量だということは、ご理解いただけたかと思います。

  

☆X線の照射範囲について

X線は、撮影する部分(歯科では『顔』だけ)に、ピンポイントで照射するため、胸部・腹部などに影響が出ることもありません。

    

☆X線防護について

レントゲンを撮影する際に、防護用のエプロンを着用していただいております。

中に、X線を通さない 『鉛』 が入っているため、ずっしりと重みがあります。

上記の通り、撮影時の焦点は 『顔』 であり、放射線量もごくごく微量ではありますが、防護用のエプロンを着用していただくことにより、更なる防護を図っています。

  

☆妊娠中のレントゲン撮影について

歯科用レントゲンの胎児への影響はありませんが、妊娠時の精神的な問題を考慮して、レントゲン撮影は基本的に控えております。

妊娠中または妊娠の可能性がある場合は 必ず事前に 歯科医師またはスタッフに お申し出ください。

  

☆まとめ

歯科用のレントゲンで受ける放射線量を気にする必要性はありませんし、人体に影響はありません。

  
過敏になりすぎて、レントゲン撮影を避けることで、的確な診断・治療が行われないことのほうが、後々の問題が大きいように思います。

  

大川原歯科医院では、撮影前の説明をさせていただいておりますが、ご質問や、不安なことなどがあれば、お気軽にお尋ねくださいね。

  

2011年3月14日 (月)

計画停電期間中の診療について

桜ヶ丘駅前、大川原歯科医院より、計画停電期間中の診療についてお知らせいたします。

  

計画停電期間中も、通常通りの診療を予定しています。

  

計画停電の有無に関わらず、スタッフは通常通り待機しております。

電車の不通や、お仕事の都合などにより、予定の変更を希望される方、急にお痛みが出てしまった方、さまざまな患者様に、出来る限りの対応をさせていただこうと思っております。

  

ご来院いただいた患者様に、ご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、ご理解・ご協力のほど よろしくお願いいたします。

  

来院の際は、お気をつけてお越しください。

医院長はじめ、スタッフ一同お待ちしております。

2011年3月13日 (日)

3月14日の診療について

桜ヶ丘駅前 大川原歯科医院より、診療に関するお知らせです。

  

3月14日(月)は、可能な限りの診療を予定しています。

計画停電が、どのように行われるかがまだわからないため、どの程度の診療が可能なのか定かではありません。

電車の運休により、通勤できないスタッフが数名おりますが、本日の診療は、その他のスタッフで対応させていただく予定です。

   

患者様も、不安な気持ちでお過ごしのことと思います。

停電の状況次第では、お痛みが強い患者様を優先することがあるかもしれません。

ご迷惑をおかけするかもしれませんが、ご理解・ご協力のほど よろしくお願いいたします。

  

2011年3月12日 (土)

東日本大地震

大きな地震がおきて、大変な被害になっています。

  

TVをつければ目を覆いたくなるような映像ばかりですし、時間がたつにつれて被害はどんどん拡大しており、本当に心が痛みます。

亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、余震や二次災害など、これ以上の被害が出ないこと、ひとりでも多くの方が救助されることを心からお祈りいたします。

  

被災者の方々も、苦しい状況だと思いますが、家族や周りの方たちと助け合って乗り越えていってほしいですね。。。

微力ながら、何か協力できることがあれば、力になりたいと思います。

  

  

診療に関しては、今後も通常通りを予定していますが、くれぐれも無理はなさらないようにお願いいたします。

また、『こんな時だからこそ、痛みを止めてほしい』という方からの緊急のご連絡も増えています。

来院の際は、事前のご連絡(046-268-1288)などご協力をお願いいたします。

                                        大川原歯科医院より

2011年3月 9日 (水)

自然な入れ歯

こんにちは

  

暖かくなってきたな~と思っていたら、また雪が降りました。

こんな時は 気温差が激しく、体調などを崩しやすいので、十分気をつけてくださいね。

  

大川原歯科医院で、ご好評をいただいている入れ歯をご紹介します。

  

『入れ歯』 と 一口に言っても、形の違いや 材質によって、いろいろな種類があります。

   

Pd  

その中で、『部分入れ歯』 についている金属のバネ。(写真左) 

  

この金属のバネが目立つと、気にしている方が増えています。

  

確かに、バネが見えてしまうと 入れ歯であることが一目瞭然ですね。。。

  

Nc

  

最近は、金属のバネがなく 目立たない入れ歯(写真右)の人気が高まっています。

  

毎日使うものだからこそ、こだわる方が増えているのでしょうか。

  

* 自然な口元になった

* 若々しく見える

* 口臭が気にならなくなった

などなど、ご好評をいただいております。

女性だけでなく、男性の患者さんにも。

  

   

入れ歯を気にして、思い切り笑えないなんてもったいない!!

金属のバネが気になっていた方は、一度ご相談くださいね (*゚▽゚)ノ

2011年3月 6日 (日)

3月のこにしボード 『たばこ』 のお話

こんにちは (*゚▽゚)ノ

   

最近、花粉症がつらそうな患者様が増えてきました~。。。

歯科医院では、花粉症は治してあげられませんが、少しでも楽に診療を受けていただけるように空気清浄機と、加湿器を

フルパワーで運転中です☆

   

さて、大和市桜ヶ丘駅前大川原歯科医院では、患者様に より歯やお口の中の健康に興味を持っていただけるよう、

医院の前に『歯のお話 ブラックボード』を設置しています。

当院スタッフ 小西(歯科衛生士) が、ためになるお話を かわいい絵とともに毎月更新しています。

   

Bb31_2今月は 『たばこ』 のお話です。

  

たばこといえば、『百害あって一利なし』 と、よく耳にします。

たばこには多くの有害物質が含まれていて、がんや、動脈硬化、脳卒中、そして、虚血性心疾患など さまざまな病気のリスクを高める。。。

というのは、よく知られていることと思います。

   

お口の中では、歯周病のリスクは3倍

歯を失うリスクは2倍とも言われています。

   

その原因は、

① 血管が収縮してしまい、血流が悪くなることで栄養が行きわたらなくなり、歯肉を修復する働きが抑制されてしまいます。

② 歯周病菌と戦ってくれる、白血球も機能が低下してしまため歯周病菌にとっては、繁殖しやすい環境になってしまいます。

   

Bb32_2歯周病の他にも、

☆たばこのヤニで歯が汚れる

☆口臭が強くなる

☆色素沈着により歯肉が黒くなる

☆味覚が鈍るため、濃い味のものを好むようになる

☆口腔がん、咽頭がん、喉頭がんなどのリスクが高まる

などなど・・・  あまり良いことはないようです。

愛煙家の方には、耳が痛いお話かもしれませんね。

   

それでもたばこが好きなんだ!!とお思いの方は

毎日の歯磨きや、歯肉マッサージを丁寧に行っていただき、

定期的なメンテナンスやクリーニングもこまめに行ってください。

   

半年以上 歯科医院を受診していないようであれば、早めの受診をお勧めいたします。

   

桜ヶ丘にお越しの際は、ぜひ『こにしボード』を見に来てくださいね♪

来月もお楽しみに~(*゚▽゚)ノ

2011年3月 3日 (木)

ブログ始めました

こんにちは (*゚▽゚)ノ

神奈川県大和市、桜ヶ丘駅前の大川原歯科医院、スタッフ宮崎です。

これまで、たくさんの患者様に支えていただき、開業14年目を迎えることができました。

4100_1_1当院をご存知の方にも、ご存知でない方にも、

歯科の知識を深めていただいたり

これからも安心して受診していただけるよう、

歯科にまつわるお話や、当院の取り組みなど、

紹介させていただこうと思います。

よろしくお願いいたします☆

トップページ | 2011年4月 »